QLOOKアクセス解析
ふらふらっと来て、書いて行ければな、と思います。
PR
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | このページのトップへ
PS4購入!
こんばんわ。

PS4を私から私へのクリスマスプレゼントとして購入しました!
たまらんですね!ちょっと前に一度載せてから、すこしブログの更新をしていきたいなと思っています。

最近、生活環境とかも少しずつ変わったり、ものが増えたり減ったりもしたのでその話とかをつらつら書いていければ、なんて考えているところです。

さて、PS4、ちょっとやってきます: )
続きを読む >>
| 雑談 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
栗井ムネ男がサイコーすぎる
久しぶりの投稿です。

あまりにも面白いので、栗井ムネ男のDVDを買いました。
面白いなーー
| 雑談 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
Fostex P2080-Eと仲間たち
こんばんわ。こんな時間に、ふと思い立ち筆を執ります。

Fostex P2080-E + 月刊 Stereo 8月号のおまけスピーカのお話。

私の研究室の先生(S先生)と良く趣味があいまして、ひときわ音響機器のお話を良くします。あとパズドラ。
そこで月刊Stereo8月号にFostexのスピーカドライバがおまけでついてくる、と。
どうやらここ数年は、8月号にスピーカドライバが付いてくるのが通例になっているようです。
S先生は去年も購入されており、今年もGetしたということで、私もノリにまかせて購入に至ったわけでございます。
さらに、そこにはエンクロージュア(箱)も8月末にFostexから直々に発売されるという情報がっ……
調べてみると予約注文ができるということなので、S先生と2人分、計4つの箱を注文したのでした。

9月の初週に到着し、汗と涎をダラダラ垂らしながら組み立てたのは良いのですが、いかんせんアンプがない。
これまでは、ONKYOのGX70HDを使っていました。これはPowered Speakerといって、アンプ内蔵型。
アンプ自体があるにはあるのですが、AV(audio visual)アンプですし、5.1ch環境組んでありますし、崩すの面倒くさくて。
でもでも、せっかくだからスピーカの力をそれなりに発揮できるくらいのアンプは欲しいけど、高いのは嫌という最高のわがままモードに入りました。
そこで、ふと思い出したのがD級動作アンプ。
まぁ、これはA、B、C級動作のトランジスタにちなんで、DigitalのDをとってD級動作という非常に語呂と都合の良い代物です。
属にデジタルアンプといわれ、高効率(低発熱)・安価・高音質という、それはそれはすばらしいものなのです。
そして、主には1チップ、こいつの力によるらしいのです(当然各回路素子も聞いてきますが一番でかいのはどうやらこれらしい)。
色々調べました。それはもう、正直買うのやめようかって思うくらい調べて、結局一番基本の落とし所、TA2020を採用しているものを選びました。
それが、S.M.S.L. SA-36A。これ、36A proはまったく別のチップを採用してるので、TA2020狙いの人は要注意です。
アンプ=増幅器ですので、電源が結構重要ですが、D級動作ということで、ACスイッチングアダプタが逆に相性が良いのではないと思って…と、いうより、それじゃないと高いのですよ。
これも、一般的には3.33Aが付属している製品が多いのですが、どうやら仕様書等では4A以上がのぞましいとか書いてあるらしいのですよ。
なので、電源同梱版でなく、本体のみと電源は別に買いました。ACアダプタは12V/4A 内径2.1mmでささりましたが、方々で2.5mm内径じゃないとだめという情報がありまして、この辺の真偽がわかりませんね ~o~

長々となりましたが、結局は無事に接続して音出しをしております。
最初は音も硬くて、スピーカの表面で鳴ってるイメージだったのですが、属に言うエイジングというやつで、こなれてきました。
スピーカ、アンプの両方がこなれてきて、すこし奥行きがでてきて、やらわらくなって、低音も深くなった感じです。
2wayなのですが、ツィータが非常に良く鳴ります。他の方のblogにもありましたが、アコギの音は本当に奇麗。
楽器の数が少ない方が、魅力的に鳴らすようなイメージがありますが、ごっちゃごちゃになることはないです。
ウーハは、フルレンジくらいの大きさ(8cm)ですが、思ったより中音域を担当せず、低音がなってます。これは予想外でした。
なので、ツィータが担当している高音がすこし目立ちます。低音はがんばってますが、低音好きな人には足らないかも。私はこれくらいが好きです。

まぁ、これくらいの値段で組んだシステムにしては、コスパが非常に良いかと思います。
月刊Stereo8月号: 4134yen
P2080-E: 3794yen x2
S.M.S.L. SA-36A: 3600yen
AC switching adaptor: 2000yen

でわでわ、最後に写真を貼って、寝ます。
みなさまにも、良い音楽ライフを〜〜

| 音楽 | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ